FC2ブログ
今日は午後から雨の予報でしたので、午前中に昨日はっぱさんから届いたフェスティバルとナイトジェムの枝を使って挿し木をしました。

時期としてはちょっと早いんだけど、大きく冷え込みそうな日は屋内で管理すれば大丈夫かな、と思い決行しました。

いつもこんな道具を使ってます。

tugiki1.jpg

切るときはこんなカッターマットを使ってます。
目盛りもあるから接ぎ穂の長さなども確認できて、たまに?便利です。

だいたい10センチくらいに調整して、挿す方をこんな感じに切ります。

tugiki2.jpg

挿し穂の調整はどちらかと言うと長め派?でしょうかねぇ。

続いてポットの用意です。
用土は植え替えの時と違って、ピートモスと鹿沼土を混合して使っています。
割合はだいたいピートモス6、鹿沼土4くらいだと思います。
発根しても、そのまましばらく植え替えなしで育てられるように最初からスリットのポットを使っています。
1ポットに1本を基本にしてますので、発根せずに失敗したら空き家になってしまいますが。

tugioki3.jpg

用土に挿し穂を挿す深さまであらかじめ穴をあけておきます。

挿し穂の切り口にはこんなものを使ってます。

tugiki4.jpg

「ルートン」という発根促進剤です。
粉状ですので挿し穂の切り口にちょっと付けるだけです。

挿し木を始めた頃から使ってますが、使わない場合と比較したことがないので効果の程はわかりません(笑)

挿し終わった後です。

sasiki5.jpg


挿した後には用土と切り口が密着するように穂の周りを軽く押さえるようにしています。
密着させるためには水でもかければいいように思いますが、先ほどのルートンが流れないように、挿し終わった直後に水はやらないようにしてます。

と、こんな感じの流れで完了です。

このポットははっぱさんからわざわざ送っていただいた穂をさしていますので失敗はできませんねぇ。

フェスティバル、ナイトジェムがそれぞれ4ポットありますので、2ポットは屋外の雨に当たらない場所、もう2ポットは暖房をかけない明るい部屋で管理することにします。

早く芽がでてこないかなぁ。
この挿し木の経過はまた報告させてもらいますね。





スポンサーサイト