FC2ブログ
今日の昼は顧問社労士の先生と食事兼打ち合わせがありました。
この社労士の先生、凄く頼れるのですよ。
ちなみに自分とほぼ同い年のシングルマザーです。
やはり守るものがあると違いますね~。
レスポンスは早いし、仕事は確実、うちの会社を全力で守ってくれてます。

以前からの友人(自分とは診断士仲間)で、昨年くらいからいろいろ労務関係の相談をアンオフィシャルでしているうちに、それも申し訳なく思い、顧問契約させてもらったのですけど、これまでと安心感が違います(笑)
彼女は診断士としてコンサル業も兼務しているので、経営の事も良くわかりいろいろと話が早いのも助かります。
女性に守ってもらっているという感覚が少しくすぐったいですけど、そんな感覚も嫌いではないです(苦笑)
自分は会社の事を人に相談することはほとんどないのですけど、彼女だけは特別ですね。
労務面の専門性に加えて、女性の視点は自分にはないものなのでとても参考になってます。

本人には面と向かっては伝えにくいので、普段からの感謝の気持ちをこんなところで(笑)
ここを彼女が目にすることはないのですけどね。。。


さて、今日は夕方に帰宅してミスティーの収穫をしました。

少し生らせすぎたかのかも知れません(苦笑)
樹は元気そうなのですけど、枝数は少ないです。
でも二次成長も少しずつ始まってますよ。

mistyT6.jpg

一斉ではなく、順番に色づいていくタイプのようです。
綺麗な実をしてますね~

mistyT7.jpg

大きさはというと・・・17mm
中粒ですね。。。

mistyT8.jpg

実の評価は・・・う~ん・・・またまた早摘みしすぎたようで(苦笑)
とりあえずまだ甘みが無かったです。
ですから、評価は更に追熟させてから改めてさせてもらいますね。

本日は、シャープブルーとジャージーの色づきを確認しましたよ。
もう、ネットを張っているのスペースが限界に近いですよ。。。
どうしよう??(苦笑)


=============================

【追記:2009.6.24】

本日、追熟させたミスティーの味の評価をしました。

ミスティー・・・結構時間をかけて追熟させましたけど、やはりそれ程甘みが増すわけではなく、酸味系の味ですね。
ただ、追熟させるに従って、酸味のカドが丸くなるような印象はあります。
普通は酸味が消えながら甘みが増えるような品種が多いような気がしますが、ミスティーに限って言えば酸味は良い感じに変わりつつも甘みはほとんど変化なしですね。
この感覚はプルに似ているかも。

でも、口に広がる風味は凄いですよ。
少し独特の風味がある品種ですね。
ただ、その風味(香?)には好き嫌いがありそうです。
それが良いという方もいれば、少し苦手かな?と言う方もきっといるのではないかと・・・ちなみに自分は嫌いではないですけど後者に近いかも(苦笑)

ということで

【わがやのハイブッシュ系の順位】

スパルタン→カロラインブルー→オニール→レビール→ブラッデン→アーリーブルー→ブルークロップ→レカ→ブルーレイ→ジャージー→ハーバート→チャンドラー→ミスティー→プル→ブルージェイ→ウェイマウス


少し厳しめの評価かなぁ。。。


=============================

【追記2:2009.7.6】

更にミスティーを完熟させてみました。
そうすると、甘さが急に強くなる実がちらほらでてきました。
その実の味は・・・「美味しいです!!」
酸味もそこそこ強い品種ですから、それに甘みが乗って一気に美味しくなりましたよ。

完熟させたからといって実が柔らかくなるわけでもなく・・・フレッシュな食感はそのまま残ります。
ミスティー・・・過熟くらいまで樹上に置いておいた方が良いみたいですね。

・・・ということでミスティの再々評価ですけど

【わがやのハイブッシュ系の順位】

スパルタン→カロラインブルー→オニール→レビール→ブラッデン→アーリーブルー→ミスティー→ブルークロップ→レカ→ブルーレイ→ジャージー→ハーバート→チャンドラー→プル→ブルージェイ→ウェイマウス

こんな感じです。
いくら甘みが乗っても、もともと甘み系のアーリーブルーよりは下かなぁってところで(笑)






スポンサーサイト