FC2ブログ
今日は広島にとっては特別な日なのですよね。
もともと広島で生まれ育ったわけではないので、住み始めるまで良く判りませんでしたが、やはり気持ちのどこかでこの日「特別な日」と考えている人は周りに多いような気がします。

例えば、娘や息子が通う小学校や幼稚園では、毎年8月6日は登校日です。
平和についての話を聞いたり、黙祷したりする時間があるようです。

何年か前に、投下された時間に車を走らせていたときは、ちょうどその時間に車のクラクションを鳴らす車が少なからずいました。

自分の場合は原爆云々というよりも戦争自体に嫌悪感があります。
正当化できる理由など何もないと思います。

そう言いながら、人類の歴史は戦争の歴史だったことは事実として受け止めるべきだと考えます。
生きるため、宗教、その他様々な理由で何千年もの間、大なり小なりの殺し合いが行われてきて、今に至っているということは、人間の意識の中にそれを正当化する可能性が多大に存在することを意味すると捉えるべきです。

戦時中の日本人が戦争をすることの正当性を信じて疑わなかったように、いつ、そのような意識になってしまうのかも判らないというのが人間です。
また長い人類の歴史の中で、自分が戦争や争いの無い時代、国に生まれてきたことは偶然と考えるべきかもしれません。

そうした考えのなかで、戦争について強く意識するための特別な日として、8月6日あるいは終戦記念日がいつまでも風化されないことを願っています。

(少し真面目な話で済みません)


さて、ここからはいつもどおりブルーベリーの記事です(笑)
今日はモンゴメリーの収穫をしました。
この春にリョクサンさんから購入したばかりの苗ですから、味見程度に花芽ひとつ分生らせただけです。

mongomery7.jpg

実の外観はこんな感じです。

mongomery8.jpg

大きさは約17mmとラビットアイ系としては普通くらいですね。

mongomery9.jpg

そして、実の評価ですけど、若干の酸味は感じられますけど、甘み系でした。
それも、少し独特な甘みです。
自分としては、この独特な甘みの感じがとても気に入りましたよ(笑)
多少過熟気味だったのかも知れませんが、あまりの独特な感じの甘さは、ブルーベリーというよりも他のフルーツのように感じました。

ここからは、話半分で聞いて下さい(苦笑)
この「独特な甘み」ですけど、何かに似ているのですよね。。。
ゆっくり味わってみましたけど、「これ」という果物は思いつきませんでした。
でも、何とか自分の感覚のなかでたどり着きましたよ。
「これ」ではなく「これとこれ」と結論ですけど(笑)

自分が感じたモンゴメリーの味・・・「プラム」と「マンゴー」を混ぜたような味でした。
想像つきませんよね。。。

相当な甘み系ですよね(笑)

この感想・・・書こうかどうしようか迷いましたけど、話半分ということで(苦笑)



【わがやのラビットアイ系の順位】

グロリア → ティフブルー → ミノウブルー → モンゴメリー → アリスブルー → デライト → オースチン → パウダーブルー → ブルージェム → ブライトブルー


ミノウブルーとモンゴメリーで悩みましたが、やはり大きい分とジューシーさでミノウブルーが上ですね。
モンゴメリーがもっと大粒だったら良い勝負だったかもしれません。

こうしてみると、やはり梅雨時の収穫品種は少し可哀相な結果になってしまいますね(苦笑)





スポンサーサイト