FC2ブログ
昨夜は嫁が息子が通う幼稚園の同じクラスの母さん達が集まって忘年会ということでしたので、子供を寝かせた後はゆっくりPCを組み立てることができました(笑)
途中12時過ぎには、嫁を迎えに行ったりしましたけど(苦笑)


・・・ということで、今日はブルーベリーとは全く関係ありませんが、windouws7機の組み立ての写真をアップさせてもらいますね~
以前は本を見ながら組み立てたりしてましたけど、最近はそれもせず完全にうろ覚えの中での自己流です(笑)
動くかな?どうかな?みたいな途中のドキドキ感などが結構楽しめますからね。


では、早速・・・

こちらがマザーボードです。
今回は、少し小さなサイズです。

PC1.jpg

まずはこれにCPUを載せていきます。
core2Quad Q8400というCPUです。
CPUを買うと冷却ファンも付いてきますけど、標準ファンは少し音がうるさいので、静音ファンを付けるのもいいです。
もし付けるなら、この時点で用意して置いた方が楽です。

PC2.jpg

マザーボードにCPUを取り付けて、その上にの冷却用のFANを取り付けたところです。

PC3.jpg

続いてRAMを挿しておきます。
2GB×2枚を用意しました。

PC4.jpg

こちらはグラフィックボード(別名ビデオカード)です。
映像処理専用のボードですが、これを付けると動画や3D画像の描写が早く(=滑らかに)なります。
Vista以降はビデオカードなしだと相当きついですから、安いものでもいいので付けないといけないですね~
ちなみにこれは4980円のものです(笑)
3Dのゲームなどをする場合はもう少し良いものを乗せないといけないですが、DVDを観たり・・・くらいの通常の使い方ならこれくらいで十分だと思います。

PC5.jpg

こちらが、取り付けたところです。
取り付けるといっても差し込むだけなのですけどね(笑)

PC6.jpg

とりあえずここまでやったら、マザーボードにモニター、キーボード、電源を繋げて立ち上げてみます。
モニターに映像が映れば、ビデオカードがまずは正常に機能していることになります。
そしてモニターの中の表示で、メモリとCPUが記載されていれば、メモリやCPUもまずは正常だと判断できますので、一安心です。

PC7.jpg

続いてフロントパネルを外して、今回DVDマルチドライブやカードリーダーを取り付ける部分を開口しておきます。

PC8.jpg

こちらがドライブです。

PC9.jpg

こんな風に取り付けて仮止めした後に

PC10.jpg

フロントパネルを再度取り付けて、ドライブの前後の奥行きを揃えて固定します。

PC11.jpg

電源も定位置にビスで取り付けます。
写真はありませんが、ハードディスクもフロントパネルの後ろに同じように固定します。

PC12.jpg

続いて、マザーボードを取り付ける準備として、ケース裏側のパネル交換をします。

PC13.jpg

ビデオカードの外部端子が出てくる部分も開口しておきます。

PC14.jpg

そしてマザーボードを内側から取り付けます。
ビスで固定した後に、DVDドライブ、カードリーダー、ハードディスクをマザーボードに接続します。
データやり取り用のコードと電源用のコードをそれぞれ繋ぐだけです。
電源から伸びているコードのうち、合うモノをつなげるだけですから、それほど難しくありません。
あと、ケースの電源ボタンなどとボードをつなげないといけないのですけど、これはマニュアル(英語)を見ればどこにつなぐのかはすぐにわかります。
英語が分からなくても平気だと思うのですけどね~

PC15.jpg

全部が繋がったら、ほぼ完成です。

でも、ここからが少しややこしいです。
作業自体は1分もかからずにできるのですけど、BIOSでドライブ認識の順番を指定しないといけないのですよね。
これも直感的にだいたいわかると思うのですけど。

DVDドライブを認識する順位を1番にして、OSの入ったROMを入れて電源を入れ直せばwindowsのインストール開始です。
ここまでくればもう完成したも同然です。
インストール後は、再度、BIOSからドライブの認識の優先順位をハードディスクに変更したら完成です。

PC16.jpg

ちなみにこちらが、windows7でプロフェッショナル以上で使えるという「XPモード」です。
ウインドウとしてXPが使えるのですね。
全画面表示にすると、まさにXPです。
ブラウザまでIE6というこだわりがなかなかでした。
7上にむりやりXPですから、XP単体のキビキビはそれほどでもないですけど、結構使えそうな機能だ思いました。

PC17.jpg

「7」のもう一つの売り?でもあるツールバーの表示方法ですけど、それほど便利だとは感じませんでした。
慣れていないからかなぁ?
使ってみた感想は・・・「vistaと変わらない」の一言ですね。

PC18.jpg

安定して動くことを確認したところで、電源コードなどをある程度まとめて束ねます。
見ためもそうですが、できるだけ空気の流れを良くするためです。
そして、ケースのサイドのフタを閉めます。

PC19.jpg

ちなみに今回のPCの性能を測定してみました。
1.0~7.9の間でスコアが付くのですけど

CPUが7.2、メモリが7.2、グラフィックが4.9、3Dグラフィックが5.2、ハードディスクのスピードが5.9となりました。
やはりグラフィックが少し低くでましたねぇ。

グラフィックボードにもう少しお金を掛けても良かったかなぁ。
でも、表示をエアロにしてもキビキビ動きますので、4.9あれば十分なのだと思います。
ちなみに現在の自宅のPCはグラフィックボードに8600GTを使ってますけど、vistaのスコアの上限値でもある5.9がでています。

PC20.jpg

こんな感じで完成です。
全体的にはやはりキビキビとノンストレスで動いてくれます(笑)
立ち上がりやシャットダウンもある程度は早くなっていますけど、それがOSによるものなのか、PCのスペックによるものなのかはよくわかりませんけど。
当然、今自宅で使っているPCよりも快適なレベルです。
さすがクアッドコア!と体感できるくらいです(笑)

CPUはi5やi7にしようかと悩みましたけど、まだ当分はそこまで必要ないですね。
CPUが早くてもHDDのスピードがつて来れず、結局速さを活かせないような気がします。
大容量のSSDが安くなってきたら、i7クラスのCPUも活きてくるのでしょうけど(苦笑)

OS抜きで6万円のPCでこれなら満足ですね~

PC21.jpg

新OS「7」の感想としては、どうしても「7」でないと嫌というほどではないです。
これなら、一番よく使う自宅のPCはいままでどおりvistaで十分かなぁって思います。
デザインも含めてどこが新しくなったのかよく分からないくらいですからねぇ。
以前の98とMeの違いくらいの微妙な差なのでしょうね。

とりあえずこのPCは事務所でマネージャーに使ってもらうつもりです。


今日はブルーベリーとは全く関係のない記事ですみませんでした(笑)
たまには、こんなのもいいなかなぁ・・・と思いまして(苦笑)

たまじゃない!・・・というご意見もありそうですけどね~



ちなみに今日は家族で宮島に紅葉を見に行ってきました。
写真なども撮ってきたので、それはまた改めて(笑)


スポンサーサイト