FC2ブログ
昨日は遅くに酔って帰ったので更新をお休みさせてもらいました。
すみません。。。

昨夜も寒かったですね~
朝起きると雪が降ってました。。。初雪です。

こんなにも寒い日くらいじっとしていれば良いのでしょうけど、飲みに出てました(苦笑)
例のママに食事をご馳走してもらったのですよ~
以前から約束していたのですよね・・・一応1ヶ月半遅れの誕生日プレゼントということです(笑)
そんなことはどうでも良いのですが、今日連れて行ってもらった店がとても良かったです。

フレンチのお店なのですけど、高架下の長屋の建物の中にある、失礼ですけど見た目は綺麗でないお店なのですよ。
焼き鳥屋かおでん屋のようで、一見とてもフレンチが食べられるような店には見えないのですけどね(苦笑)
中に入るとテーブル1つとあとはカウンターだけ・・・フレンチでカウンター?なんて思いましたがママの薦めでカウンターの席を予約してくれていました。

そしてカウンターの中にはオーナシェフが一人、その他のスタッフはいません。
ちょっとしたカルチャーショックを受けながら、ママが適当にコースになるように注文してくれた料理を順番に食べていきましたが、びっくりするほど美味しかったです。
ここは、いつか嫁を連れてきたいなぁって思いましたよ。
夜に嫁と・・・となるともちろん子供付きになるわけですが、それでもOKとのことで了承をもらいましたので、近々家族と行ってみようと思ってます。

この店のシェフ・・・聞けば元はとある有名なホテルの方でした。
知る人ぞ知る店なのですが、ほぼ完全予約制で、もし席が空いていても一見さんはお断りらしいです。
安いのかなぁなんて思ってましたが、値段は普通のフレンチくらいでした。

地元でもまだまだ知らない店がたくさんあるんだなぁ・・・なんて思い知らされました(苦笑)







さて、今日の記事は、久しぶりに?紅葉の話題から離れます(笑)
最近は紅葉のことばかり書いていますからね。


昨日、Reveilleさんからこんなプレゼントが届きました(笑)

2009+12+16_2714_convert_20091216161342.jpg

カボスとブルーベリーリーフティーとリンゴ、そして子供達を気遣って下さりキャラメルコーンです(笑)
大分といえばやはりカボスなのですね~
今年の夏に家族で大分に行った時に、お土産物でもやはりカボスに関わるものが多かったです。

2009+12+16_2715_convert_20091216161409.jpg

こちらはブルーベリーリーフティーです。
ブルーベリーの果実を使った「ブルーベリーティー」ではないですよ(笑)
ブルーベリーの葉をハーブティーのように加工して茶葉にしたものだと思うのですけど、一体どんな味がするのでしょうね~

reeftea1.jpg

実際に開封してみると、ブルーベリー以外にも、いろいろな植物の葉が入っています。
中には松の葉も入ってました。
そして、肝心のブルーベリーの葉ですが、全体的にとても小さな葉が多いです。
やはり、お茶にするために、出てきたばかりの新芽(新葉?)を摘み取っているのでしょうかね~

reeftea3.jpg

そして、先ほど早速、お茶にしてみました(笑)

reeftea4.jpg

味の方は・・・こんなものかな~っていう感じです。
というのも、ブルーベリーリーフ単体のお茶ではないので、他のハーブの味が結構強めに出ています。
ブルーベリーリーフ100%なら、また違った味になるのでしょうけどね~
そうすると、もしかしたら味が弱いのかな。

味についてもう少し詳しく書くと、普通のハーブティーが好きな方なら美味しくいただけると思います。
自然な香りもありますし、リラックスして飲むことが出来ますよ。
そして、何よりも健康に良さそうな感じです。
どちらかというと、よく自然食バイキングの店などで置かれている「健康茶」のようなものをイメージしてもらえると、味も似ています。


ちなみに、このブルーベリーリーフティー・・・飲まれたい方いらっしゃいますか?
我が家では消費しきれない程の量が入ってますので、試して見たい方がいらっしゃいましたら、小分けしてお送りしますよ。
そうして下さい、とReveilleさんもおっしゃっていましたので(笑)

もしいらっしゃいましたら、「メール」または「秘密コメント」にてご連絡下さいね~



=================================
【今日の一枚】

一昨日買ったレンズ・・・早速試してみました。
上の写真のうち最後の一枚も実はそのレンズで撮ってみたのですけどね~

こちらは庭にある南天の実です。
よく雪うさぎなどの目に使われる例の実です(笑)

2009+12+16_2729_convert_20091216161547.jpg

少し明るすぎた感もありますけど(苦笑)
腕前はさておき、なかなか使い易そうなレンズですよ。

スポンサーサイト