FC2ブログ
今日も寒かったですよ。。。
最高気温6℃って・・・昼間も雪が降ってました。

そんな中、今日は少し思うところがあって朝早くに家を出て、いろいろと車でグルグルしてきました。
昨年はたくさん出店依頼をされたものの全て断ってきたのですけど、そうした物件のうち未だにあいているモノを確認しつつ、再度見直したりして。
まだ、決心はしていませんけどお店出そうかなぁって思ってます。
昨年は内部充実を目標に、既存店舗の見直しとしてメニュー替えや改装などをやってきたのですけど、今年は少し動こうかと・・・
でも、この時期に出すというのがポイントなのですよね(笑)

・・・とうことで、今日は少し?真面目な話を(笑)

出店となれば、社内的にも盛り上がりますし、世間的に暗いニュースが多い中で従業員も元気になると思います。
周りの業者や社外関係者にも強気な会社であることをアピールできますし、こうした時期に勢いのある姿を見せるところが、色んな取引や交渉で有利に働くかなぁなんていう算段もあったりして(笑)
加えて、まだどこに出すかは決めていませんが、そこで競合するお店もこんな時期ですから恐らくギリギリの中で営業していると思うのですよね。
そこにうちが出店して、ただでさえ売上が低下している時期に、さらに拍車を掛ければ閉店させることができるかなぁなんていう目論みも。

例えば、月に1000万円売る競合店を潰すには、その店から1000万円の売上を取る必要はないですからね。
競合店の形態や料理の原価率、配置されたスタッフの人数を見て人件費率などを予想して、その店のおよその損益分岐点売上が分かれば勝負できます。
例えばその店の損益分岐点売上が700万なら、1000万円のうち最低300万円分の売上を自店の売上の一部として奪えば、相手は赤字になるので、後は自然に閉店かそれと同じような状態になっていきます。
相手がなかなか赤字の店に追加投資ができないという心理もつきつつ。。。

こんなことを書くと、自分が冷酷というか何だかとてもドライな人間なように思われてしまいそうですけど(苦笑)
でも、この部分に関しては自分でももの凄い葛藤があるのですよね。
うちの従業員の生活を守るために、他のお店やそこで働く従業員を苦しめることの正当な理由が見つからないのですよね。
そして、困っているお店を救うためのコンサルをする一方で、競合店を如何に弱らせるかを本気で考える理不尽さ・・・
今まで嫁以外には周りの誰にも口にしたことはありませんが、こんな事も内心では考えているのですよ(苦笑)

特に、出店候補にした場所にある競合店を調べる時に、その店で働いているスタッフが笑顔でとても感じの良いサービスをして頑張っている姿を見ると心が痛みます。。。
他人の心配をするよりも、自分の心配をしたら?とも言われてしまいそうですけど(苦笑)



さて、今日の記事はシャシャンボです。
・・・というのも、本日Reveilleさんからシャシャンボの実が届いたのですよ(笑)
こんな寒い時期でも収穫できるのですね~
少し驚きです。

syaysanbo1.jpg

まず、こちらがReveilleさんが栽培された実とのことです。

syasyanbo4.jpg

こちらが「房なり大粒」・・・大きいもので約8.5mmの大きさです。

syasyanbo2.jpg

こちらが「大粒」

syasyanbo3.jpg

こちらは「その他MIX」とのことです。

syasyanbo5.jpg

早速食べてみましたよ(笑)
食感としては、普通のブルーベリーよりも硬いイメージです。
皮が固い(厚い)からでしょうか?
食べた後に皮が残る感じもしますが、これは粒の小さなブルーベリーを食べた時に感じる感覚と同じですね。

味の方は・・・甘みはブルーベリーと比べると少ないですね。
でも酸味もほとんどありませんので、食べやすいと思います。
その分、香りというか風味がしっかり効いています。

冬の寒い時期に味わえるというところから、うちでも育ててみようかなぁって思いましたよ(笑)
・・・ということで、せっかくですから、戴いた実を少し残して種を採取して、実生に挑戦してみようと思います。
ブルーベリーも含めて実生は挑戦したことが無かったですから、色んな意味で初挑戦になります。

ブログ横に「シャシャンボ」のカテゴリーも追加しましたからね~
上手くいくといいのですけど。。。

ちなみに、実生の場合は親木とは違う性質を持った個体になってしまうはずですので、そのあたりは少し心配ではあるのですけどね。

今年もいろいろと楽しめそうですよ(笑)
Reveilleさん、ありがとうございました!!




スポンサーサイト