FC2ブログ
今日は大学院で年明け一回目のゼミがあったので行ってきました。
今年の研究計画などを同じ研究室のメンバーに報告してきましたよ。
今のところ、今年も学会報告などしながら、論文なども執筆&投稿する予定ですが、順調に進めることができるかどうか・・・
仕事もしながらなので、なかなか思い通りには進まないのですよね~・・・言い訳ですけど(苦笑)

もともと少しは仕事にも役立つかなぁという思いも抱きつつ、趣味として大学院に通い始めたのですけど、修士の学位取得後に何となく博士の学位も欲しくなって通い続けています。
そろそろ学位用の論文も書き始めないといけないのですが、なかなか重い腰があがりません(苦笑)
学位取得には博士論文をただ書けば良いと言うわけではなく、自分のしている研究が如何に学会などで評価されているかを証明するための全国クラスの学会発表の実績や掲載のための学術審査のある学会論集への掲載本数などが問われるのですよね。
一応、昨年までで最低ラインの発表数と掲載本数は無事に超えましたので、まずは一安心です(笑)

乗りかかった船ですから、一応取得まで頑張るつもりですけど、こうした地道な作業?は自分には向いていないのかなぁと思うことしばしばです(苦笑)
一年くらいかけて書き上げて、学位審査に約半年・・・最低でもあと1年半。。。
のんびりペースですよ(笑)



さて、今日の記事は、そろそろ使ってみようと思っている石灰硫黄合剤についてです。
昨年の今頃も使ってみようと思いちょうど1年前くらいに購入したのですけど、結局使わずにそのまま家の外の物置の中にしまってあります。
今日は早く帰宅するつもりが暗くなってからの帰宅でしたので、写真がとれませんでした(苦笑)

石灰硫黄合剤・・・結構みなさん使われていますよね。
斑点病やサビ病などに効果があるとのことですが、うちも昨シーズンは斑点病の苗がいくつかありましたので今年はその防除のためにも使うことを決心しました。

・・・でも、この石灰硫黄合剤って、強アルカリ性なのですよね。
幹や枝には問題ないと思うのですけど、酸性用土を好むブルーベリーにとって、用土に液だれなどした場合にどうなのかなぁと思う訳です。
もちろんできるだけ液だれしないように、幹や枝に対して筆やハケで塗布しようと思っています。
でも、未だ落葉せずに葉のついた苗などはハケで塗布というのもなかなか難しそうで、そうした場合はスプレーなどを用いないといけないかもしれません。

あと、塗る(散布する)場合の薬剤の濃度などもよくわかりません。
ストレートで使うものなのか、薄めないといけないのか・・・薄める場合でも何倍希釈かなども。。。

用土への影響や、実際の使い方などご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教示下さると助かります。
よろしくお願いします。


スポンサーサイト