FC2ブログ
地震から1週間少々・・・復旧作業や原発事故への対応はとても長丁場になりそうです。。。
地震や津波は天災ですが、その後の福島原発の問題、食料や燃料のモノ不足、救援活動や物資輸送の遅れ、計画停電etc.・・・これって全て人災に思えて仕方がないのですよね。

詳しい事は分かりませんが、有事に備えて貯めていた備蓄燃料・・・こんな「有事」の時になぜ使わないのでしょうか?

災害直後の食料や毛布など、地方の自治体や民間からの支援ばかりで、国は何をしていたのでしょうか?

認識不足かもしれませんが自衛隊はもともと命を張って国民を守る事が職責のはず。
放射能に対して慎重すぎて何だかなぁって思いましたねぇ。
命を懸けて国民を守る感が全く伝わってきませんでした。。。
政府の発表する「ただちに人体に影響を及ぼさないレベル」の放射能に対して、あれだけビクビクしていて、いつか戦争が起きた時に、国民の盾になって本当に命を張れるのかな、なんて思ったりしました。

テレビの報道などで被災地の現状を見ると、可哀相でしかたがありません。。。
一刻も早く何とかしてあげたいものです。

ちなみに、仮設住宅として使えそうな公営住宅、当地にはたくさんありますよ。
有効活用してもらいたいですね。


一方で、海外のいろいろな国からの支援物資や義援金、支援隊の派遣など・・・嬉しいことですね。
これまで日本がいろいろな国に対して様々な支援をしてきた結果なのだと思います。

加えて、日本国内の民間人の対応も、世界で評価されているようです。
あれだけの災害が起きても、治安などに大きな混乱はなく。
(ここ数日、略奪や車上荒らしなども少々起きているようですが)
助け合いの気持ちが日本中に溢れています。
これが日本の強さだと思います。

こんな時こそ、一丸となって頑張らないといけないですね。
自分に出来ること・・・考えてみても何なのかわかりませんので、とりあえずの義援金は送らせてもらいました。
そして、街角やお店などで集めている募金活動にはたとえ僅かでもできるだけ募金を行うようにしています。
こうしてみると、出来ることといっても限られてますね。。。
でも、きっとこうした気持ちや行為がたくさん集まれば、きっと大きな力になるはずと思い、当分の間、続けていこうと思います。


1日でも早く復興することを祈って・・・



スポンサーサイト