上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は会社の忘年会で今帰ってきました。
毎年、忘年会は温泉旅館に行って泊まりがけでするんですよ。

一昨日のブラッデン・・・亀裂部分は今のところ問題なさそうです。
大丈夫とのコメントも頂き、安心しています。

写真は、ブルークロップです。
真ん中にスーッと伸びてるシュートは、今年出てきたものです。
昨年は小さいままでしたが、今年は良い成長をしました。

blucrop1.jpg

途中で、剪定して分岐させようかなとも思いながらも、どこまで伸びるのか見てみたくてそのままにしてみました。

bluecrop2.jpg

花芽は少ないですね。木全体で4つです。
2つくらい残して結実させようかな?
コメント
ブルークロップはうちにもあります。うちのハイブッシュで唯一元気に育っております・・・が、葉は鋸葉で偽者かもしれません。very blueさんのブルークロップの葉はどうでしょうか?本物はやはり全縁でしょうか?
2008/12/03(Wed) 21:36 | URL | nakamura | 【編集
nakamuraさん

大変良いご指摘(ご質問)ですね。さすがです!
聞くところによるとブルークロップは北部ハイブッシュの標準品種でありながら、日本では偽物が多く出回ってしまっている品種でもあるそうです。品種同定のポイントは、葉の縁が波打つこと、葉の付け根にブルーム、大粒の実などらしいです。
我が家のブルークロップは、ホームセンターで買ったものですので、怪しさ万点ですが品種同定中です。
葉については波打っているようにも見えますが、アザミウマの被害で丸まっている葉がほとんどのため確実性に欠けますし、ブルームはあるようなないようなよく分からない状況です。
来年はアザミウマ対策をするつもりですので、同定可能かな、なんて思ったりもしていますが。
それと、偽物として出回っているものの多くは中粒品種らしいので、来春にでも結実させたらはっきりさせることができるかもしれませんね。
nakamuraさんのブルークロップは鋸葉ですか・・・これもまた怪しいですね。共に同定していきましょう!
2008/12/03(Wed) 22:55 | URL | very blue | 【編集
>品種同定のポイントは、葉の縁が波打つこと、葉の付け根にブルーム、大粒の実などらしいです
うちの葉も波打っているようにも見えなくも無いんですが、ブルームは葉全体にありまして一見ラピッドアイかと・・・益々怪しいです。
2008/12/03(Wed) 23:15 | URL | nakamura | 【編集
nakamuraさん

鋸歯+葉全体にブルーム・・・ラビットアイにもみえそうですね。
あくまでも趣味栽培ですので、こういった品種の同定なども楽しんでいます。大図鑑や他の方々のブログの写真などと比べながら、我が家のBBは本物かな?なんて観察したりするのも結構楽しいし、いろいろ勉強になりますよね。
2008/12/03(Wed) 23:43 | URL | very blue | 【編集
もの凄~く綺麗に垂直に伸長してますね。
でも、こんなに大きくなっているのに、花芽が4つしかないのですか...。
ラトビア産ピートモスの説明、ありがとうございました。
Berry's Lifeさんの品揃え、とてもそそられます。
でも、置き場所のことを考えると、キューブはちょっと無理かも。
それに、まだそんなに品種を持っておりませんので。(^^ゞ
とりあえず、不慮の事故対応用に、ニューメデールを購入します。
2008/12/04(Thu) 07:26 | URL | Britz | 【編集
Britzさん

そうなんですよ。なぜか花芽が少なくて・・・。
でもまだ成長を優先させたいので構わないんですけどね。
結実させるとしても味見程度に数粒くらいです。

ニューメデールは完全に接ぎ木ようのテープですよ。私も取りあえず買ってますが、まだ使っていません。接ぎ木のときに接ぎ穂を全部くるんで使うと説明書きに書いてあって、接ぎ穂の芽のところは必ず一重に・・・とのこと。そうするとそのテープを突き破って芽が出てくるみたいです。これを使うと接ぎ木の成功率が格段に上がるとか!?
どうなんでしょうねぇ。
枝折れなどの保険用としてなら接ぎ木テープはホームセンターなどで売っている数百円のもので十分だと思いますよ。ニューメデールは高いですし、入っている量も短いです。
2008/12/04(Thu) 22:35 | URL | very blue | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。