上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新年1つめの記事はチャンドラーです。
昨年初めて試行錯誤しながらやった自作接ぎ木の生き残りです。
7本(7種類)接いで、芽が出たのが5本。うち一本は芽が出たあtのに枯れてしまいましたが、その4本残ったうちの1本です。
ちなみにこのチャンドラー以外には、スパルタン、エリザベス、偽オニールの自作接ぎ木があります。
偽オニールは本物だと思い込んで接いだのですが、偽物であることが判明したので、この春に再度、別の何かの台木にする予定です。

chandler1.jpg

自分としては結構な自信作だったのですが、temujinさんから送っていただいた九州産の接ぎ木と比べると、足もとにも及びませんねぇ。
この秋に売られていたブルーインパルスのチャンドラーと比べても葉の数やツヤなどやはり違います。

こちらが花芽です。

chandler2.jpg

他の品種と比べると、多少大きなようにも思えます。
ただ、最近花芽にツヤがないというか、少し花芽が乾いてきたようにも見えます。
もちろん水切れというわけではないです。
どうなんでしょうねえ?

chandler3.jpg

この枝は、一番上の写真では右側にあたる枝ですが
9月頃に子供に鉢を倒されて折ってしまいました。
うーん、残念です。

コメント
成功確率高いですね。
花芽は真夏の日光で?焦げたようなモノも有りますが、
毎年咲かせてくれます。形さえ残っていれば・・・虫に食われていなければ何とか大丈夫と思いますが・・。
2009/01/04(Sun) 08:42 | URL | ぴん | 【編集
ぴんさん

いろんな方のブログ記事などを参考にしながら見よう見まねでやってみたのですが。
成功率7分の4はどうなんでしょうねぇ。慣れてくるともっと成功率は高まるとかなら嬉しいのですが。もしかしらた、この7分の4がたまたま出来過ぎの結果で今年は散々なのかもしれないですね。
今年もチャレンジです。早く2月にならないかなあ・・・
2009/01/04(Sun) 18:00 | URL | very blue | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。