FC2ブログ
オニールに続いてもう一つ記事を書きます。

年も明けたということで、そろそろ剪定開始します。
と言っても、挿し木にしたり接ぎ木の穂を採るつもりの品種は2月になってからだと思いますが。

ということで、まずは増やすつもりのないシャープブルーの剪定をしました。

これが剪定前です。

sharp3.jpg

好き放題に枝が伸びてます。

下の方の小枝は全て落としました。
将来の樹形も考えて誘引も同時にしました。


結構切ったつもりですけど、わかりにくいですね。

ちなみに剪定した後の切り口にはこんなものを塗ってます。

topzin.jpg

ペースト状の抗菌剤ですので、切り口から細菌などが入りこんで枝枯れなどを起こすのを予防する効果があるようです。
効果の程はよくわかりませんが、一応念のため・・・です。

コメント
シャ-プブル-かなり剪られましたね。樹形が縦長で羨ましいです。うちのは横枝ばかり出て、4年生くらいですがずんぐりむっくりで、花芽ばかり異常についていますよ。
2009/01/07(Wed) 09:00 | URL | はっぱ | 【編集
シャープブルーは元気だから今年もかなり大きくなると思いますよ。これくらいの樹だと枯れる可能性もあるから癒合剤を塗るのが本当だと思います。私も以前は剪定したときに私も癒合剤塗っていました。最近は樹も大きくなったので面倒でもうあまりやらなくなりました。癒合剤は挿し木とかそういうときにやっています。リンクの件ありがとうございました。
2009/01/07(Wed) 18:00 | URL | Berry | 【編集
我が家も同じものを塗っていますが、木質化した太い枝だけです。
細かい枝は、そのままんま、手抜きです(^^)
2009/01/07(Wed) 21:57 | URL | かいづ | 【編集
はっぱさん

シャープブルーは確かに枝が横に伸びる傾向が強いですよね。私の場合は、あまり場所を取らせたくないので残したい枝は早めに上に向かせておくという対策をとってますよ。
2009/01/08(Thu) 00:10 | URL | very blue | 【編集
Berryさん

こちらこそリンクありがとうございます。
癒合剤はもともとモミジの太枝の剪定時などに使ってました。モミジの場合は、太い枝を切ったときに何もつけないと部分的に枯れ込みがおきますので。
Berryさんもブルーベリーに使われていたと聞いて安心できました。
2009/01/08(Thu) 00:17 | URL | very blue | 【編集
かいづさん

同じ「トップジン」なんですね。嬉しいです。
私は細かい枝もできるだけ塗るようにしていますが、塗り忘れも結構あると思います(笑)
2009/01/08(Thu) 00:21 | URL | very blue | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック