FC2ブログ
冬休みもやっと終わり、小学校は昨日から、幼稚園は今日から始まりました。
自宅で仕事をしている日も多いので、急に静かになって嬉しいような寂しいような感じです。

写真はウィトゥです。
大図鑑によれば、実は甘くて皮も薄く、枝が柔らかいため実を付けるとブドウのように垂れ下がるらしいです。
またいろんな方のブログなどを見ると、ラビットアイ系の中では大粒の品種のようです。
また、花はひょうたん型とのことで、大図鑑の写真では、確かにどう見てもひょうたん型です。

果実品質も魅力的ですが、ひょうたん型の花をどうしても見てみたくて育て始めました。

whitu1.jpg

まだまだ小さいです。
(ちなみにネームプレートが12.5cmです)

他のラビットアイ系に比べて幼木の間は成長が劣るらしいので結実までにはまだまだ時間がかかるかもしれません。

花芽です。

whitu2.jpg

花芽もできていることだし、この春は花だけみてみようかなあ、なんて思ってます。


コメント
ウィトウうちにも大苗2本と中苗、チビ苗と多数有ります。
花型については記憶がないのですが、実は確かに大きく1枝にびっしり、撓るくらい着きますね。
今年は花もよく観察してみます。
2009/01/09(Fri) 10:48 | URL | はっぱ | 【編集
葉の形も特徴がありますよ。
元部が細めで先端付近が丸みを帯びるのが特徴です。参照↓
http://www.asahi-net.or.jp/~it5t-nbr/Whitu.html
果実が本当に大きいかどうかは現在調査中だったりします・・・。
2009/01/09(Fri) 19:27 | URL | Berry | 【編集
はっぱさん仰るように、花芽がびっしりと着き、結実したら枝がしなります。
花は細長いですよ。オノも同じような感じです。
2009/01/09(Fri) 21:46 | URL | かいづ | 【編集
はっぱさん

ウィトゥが4本もあるのですか。お気に入りなんでしょうねえ。1枝にブドウのようにびっしり成る実をはやく見てみたいです。早ければ来年には結実できると思いますが、「びっしり」は絶対に無理なのでしょうね。
2009/01/09(Fri) 23:26 | URL | very blue | 【編集
Berryさん

リンク先の写真、拝見しました。おっしゃるように葉にも特徴がありますね。同定しやすそうな品種ですね。
果実・・・小さかったら残念です。
2009/01/09(Fri) 23:28 | URL | very blue | 【編集
かいづさん

オノはうちにはいませんが同じような特徴があるのですね。同じNZ品種で、同じ年に発表されているのも関係あるのでしょうかねぇ。
2009/01/09(Fri) 23:35 | URL | very blue | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック