FC2ブログ
今日の広島は一日中雨でした。
昨日があれだけ暖かかったのに、まさ寒さは逆戻りです。

寒い日の合間にたまたま来る暖かい日につられて花芽を動かしてくる品種もちらほら。
先日のミスティもそうですが、このスパルタンも負けていません。

spartan2.jpg

開きかけというより、もう開いています(苦笑)
このスパルタンは以前紹介した九州産ではなく、自作の接ぎ木なんですけどやはりラビットアイ系(ホームベル台木)の根を持つだけあって動きも速いのでしょうかねぇ。

どちらにしても今年は結実させないつもりでいたので、問題はないのですが。

今年は成長に集中させて来年の結実を考えているのですが、来年はこんな動き止めて欲しいなぁ。

接ぎ木で思い出しましたが、今年の秋に購入したブルーインパルスたち。

少々なら結実させても問題ないのでしょうか?
自作接ぎ木は小さいのでまだ無理そうなのですが、ブルーインパルスはまあまあ大きい?ので大丈夫そうな気もするのですが、どうなんでしょう??

成長を優先させる、というのがセオリーでしょうけど、少々の味見もしてみたいので(笑)

ブルーインパルス経験者の方々、いらっしゃいましたら教えて頂けると嬉しいです。
コメント
ウチのスパルタンは自根ですが、静かなものです。
やはり台木の影響は大きいのでしょうね。でも、我が家のラビットも静かにしているということは、そちらのほうが動きが早そうですね。
成らす成らさないは、管理人が決めることと、私は思っています。弱るかなと思いつつ、成らせることもありました(笑)
2009/02/04(Wed) 21:51 | URL | かいづ | 【編集
見た感じでは秋に伸びた枝先に着いた花芽?
違っていたら下のコメントは無視してください。

以前こんな感じと同じのがチャンドラーにありました。
完全な花芽になりそこなった奴ですが、一応は下の
潜芽から上、叉はこのシュートの根元から切り取るように!と言われましたわ。
栄養分がそこに集中すると木が弱る・・。
接ぎ木だから大丈夫?
2009/02/04(Wed) 22:55 | URL | ぴん | 【編集
真っ赤な枝ですね。
結実させるか否か迷うところですが、私なら成長を優先させます。
樹齢が若いと、本来の味が出ないことがあるようですから。
それと、どうせ食べるなら沢山食べたいです。(笑)
2009/02/04(Wed) 23:20 | URL | Blitz | 【編集
かいづさん

普通のラビットアイ系はまだ静かにしているんですよ。(一部動いてきていますが)
気のせいかもしれませんが、若い苗ほど変な動きをするように見えます。
弱るかな?でも・・・みたいな葛藤がありますよ。
秋購入のブルーインパルスは、もう少し?悩んでみます。
2009/02/05(Thu) 00:26 | URL | very blue | 【編集
ぴんさん

さすがですね~。今思えば、秋でもしっかり成長していましたね。
完全なものではないですが、秋に花も咲きかけましたし。
もともと花芽は切るつもりでいましたが、シュートの根本から、っていうのはちょっと抵抗がありますね~(苦笑)
ひょろっとした接ぎ木なので、このシュートの花芽以下の部分は大切にて太くしたいんですけど、そう言われると迷いますね。
2009/02/05(Thu) 00:33 | URL | very blue | 【編集
Blitzさん

真っ赤ですよね~。
このスパルタンは、結実はさせないですよ。
同じスパルタンなら、九州産の接ぎ木に少しだけ成らせてみようと思います。少しだけですが・・・
この待ちきれない性格が成長を遅らせるんですよね。
解ってはいるのですが、この性格ばかりはなかなかなおりません(苦笑)
2009/02/05(Thu) 00:36 | URL | very blue | 【編集
家はインパルスを含めて去年購入の接ぎ木に少しだけ実なりさせるつもりです。ただし成長の良い物に限りますけど。ヌイ、チッペワ、ダロ-等です。
もしかしてこれで成長が遅れるかもとの恐れは有るのですが、台木のラビットを信じてやってみようと思っています。
スパ-タンは一昨年の購入なので迷い無く生らせてみます。
2009/02/05(Thu) 09:36 | URL | はっぱ | 【編集
はっぱさん

そうですよね。やってみないとわかりませんものね。
うちでも台木を信じてやってみます。根が強ければ、実をならせながらもある程度は成長するでしょうし、もし成長が止まるようなら、その時点で実の量を調整しようかと思ってます。
2009/02/06(Fri) 01:46 | URL | very blue | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック