上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は広島にとっては特別な日なのですよね。
もともと広島で生まれ育ったわけではないので、住み始めるまで良く判りませんでしたが、やはり気持ちのどこかでこの日「特別な日」と考えている人は周りに多いような気がします。

例えば、娘や息子が通う小学校や幼稚園では、毎年8月6日は登校日です。
平和についての話を聞いたり、黙祷したりする時間があるようです。

何年か前に、投下された時間に車を走らせていたときは、ちょうどその時間に車のクラクションを鳴らす車が少なからずいました。

自分の場合は原爆云々というよりも戦争自体に嫌悪感があります。
正当化できる理由など何もないと思います。

そう言いながら、人類の歴史は戦争の歴史だったことは事実として受け止めるべきだと考えます。
生きるため、宗教、その他様々な理由で何千年もの間、大なり小なりの殺し合いが行われてきて、今に至っているということは、人間の意識の中にそれを正当化する可能性が多大に存在することを意味すると捉えるべきです。

戦時中の日本人が戦争をすることの正当性を信じて疑わなかったように、いつ、そのような意識になってしまうのかも判らないというのが人間です。
また長い人類の歴史の中で、自分が戦争や争いの無い時代、国に生まれてきたことは偶然と考えるべきかもしれません。

そうした考えのなかで、戦争について強く意識するための特別な日として、8月6日あるいは終戦記念日がいつまでも風化されないことを願っています。

(少し真面目な話で済みません)


さて、ここからはいつもどおりブルーベリーの記事です(笑)
今日はモンゴメリーの収穫をしました。
この春にリョクサンさんから購入したばかりの苗ですから、味見程度に花芽ひとつ分生らせただけです。

mongomery7.jpg

実の外観はこんな感じです。

mongomery8.jpg

大きさは約17mmとラビットアイ系としては普通くらいですね。

mongomery9.jpg

そして、実の評価ですけど、若干の酸味は感じられますけど、甘み系でした。
それも、少し独特な甘みです。
自分としては、この独特な甘みの感じがとても気に入りましたよ(笑)
多少過熟気味だったのかも知れませんが、あまりの独特な感じの甘さは、ブルーベリーというよりも他のフルーツのように感じました。

ここからは、話半分で聞いて下さい(苦笑)
この「独特な甘み」ですけど、何かに似ているのですよね。。。
ゆっくり味わってみましたけど、「これ」という果物は思いつきませんでした。
でも、何とか自分の感覚のなかでたどり着きましたよ。
「これ」ではなく「これとこれ」と結論ですけど(笑)

自分が感じたモンゴメリーの味・・・「プラム」と「マンゴー」を混ぜたような味でした。
想像つきませんよね。。。

相当な甘み系ですよね(笑)

この感想・・・書こうかどうしようか迷いましたけど、話半分ということで(苦笑)



【わがやのラビットアイ系の順位】

グロリア → ティフブルー → ミノウブルー → モンゴメリー → アリスブルー → デライト → オースチン → パウダーブルー → ブルージェム → ブライトブルー


ミノウブルーとモンゴメリーで悩みましたが、やはり大きい分とジューシーさでミノウブルーが上ですね。
モンゴメリーがもっと大粒だったら良い勝負だったかもしれません。

こうしてみると、やはり梅雨時の収穫品種は少し可哀相な結果になってしまいますね(苦笑)





コメント
NoTitle
>こうしてみると、やはり梅雨時の収穫品種は少し可哀相な結果になってしまいますね(苦笑)
私がラビットアイ系の早生を増やさないのはつまりはそういうことなのです。
ハイブッシュ系の早生とラビットアイ系の晩生を収穫のメインにするのが適地適作に適っているのだろうと思います。どんなに良い品種でもこちらでも下位に位置づけられてしまうような結果になってしまいます。
それでも間が全く抜けるのは寂しいから細々とは間も繋がるようにと考えています♪
2009/08/07(Fri) 08:11 | URL | Berry | 【編集
NoTitle
確かにそうですね~。私も年中穫りたい派なのですが、
現実に梅雨時の味をみるとちょっと疑問持ってしまいました。
モンゴメリ-、フル-ツ2品種の味興味有りますが、
私の単純な舌では感じ分けられないでしょうね~。
でもリョクサンさんの新品種面白いですね。
2009/08/07(Fri) 10:36 | URL | はっぱ | 【編集
NoTitle
緑産苗にしては、上出来では
無いでしょうか?
新品種のレポート参考になります。
この品種は、過熟でも悪くならない
日持ちする品種でしょうか。
うちでも、オースチン、ウッダードが
別のフルーツのような味で、激ウマでした。
2009/08/07(Fri) 12:38 | URL | ライター | 【編集
Beryyさん
昨年は梅雨が短くて(今年よりも約1ヶ月早く梅雨明けしてました)、実への梅雨の影響をあまり感じませんでしたが、今年は顕著に表れました。
こういった点も品種選びのポイントになるのですね。
2009/08/07(Fri) 23:05 | URL | very blue | 【編集
はっぱさん
モンゴメリー・・・今日も一粒味見してみましたが、やはり自分にとっては「プラム+マンゴー」の味でしたよ(笑)
そのうち、全然違う!と言われてしまうかもしれませんけど(苦笑)
生長が悪いですけど、はっぱさん用に何品種か挿し木してるので秋以降(冬か春)くらいにはお送りしますね。
恐らく発根していると思いますので(笑)
2009/08/07(Fri) 23:10 | URL | very blue | 【編集
NoTitle
後世に恥じないような時代であって欲しいですね・・・(-_-)
さて、モンゴメリー良さそうな品種ですね。
独特な味の表現に惹かれてしまう~(^_^)
樹勢は強そうな感じですか?
2009/08/07(Fri) 23:11 | URL | kurobon | 【編集
ライターさん
日持ち・・・樹上での日持ちはする方だと思いますよ。
収穫後はよくわかりません(苦笑)

オースチンやウッダードが激ウマですか~
うちのオースチンはちょうど梅雨の真っ最中に収穫期がかぶって激ウマまではいきませんでした。
来年に期待しておきますね!
2009/08/07(Fri) 23:13 | URL | very blue | 【編集
very blueさんへ
プラム&マンゴー味、想像できそうで、できないような・・・。
すっごーく気になります。
思わず考えすぎて、今日夢に出てきそうです(笑)。
 
 


2009/08/07(Fri) 23:37 | URL | ありす・ゆらら | 【編集
kurobonさん
後世に恥じない・・・なかなか難しいですよね。
子供達や孫の世代には申し訳ないと言わざるを得ないようなことしか時代の流れですよね。
現在の資源の浪費や環境破壊、日本では少子高齢化対策の遅れ、社会保障制度のツケなどが、全て子供達や孫やその先の世代までを巻き込んで行くことが確約されているようなものですからね。本当にこれから生まれてくる人達に申し訳ないですよね。。。

味の表現は、話半分で聞いて下さいね(苦笑)
でも美味しいですよ。
樹勢も強い品種だと思いますよ。


2009/08/08(Sat) 00:00 | URL | very blue | 【編集
ありす・ゆららさん
プラムとマンゴー・・・あまり気にしないで下さいね(苦笑)
あえて表現すらなら・・・くらいですからね。

某カレーの「リンゴとはちみつ」よりもわかりやすいかも知れませんよ(笑)
古い例えですみません。。。(汗)
2009/08/08(Sat) 00:05 | URL | very blue | 【編集
NoTitle
違うフルーツのようなお味ですかぁ。
うちはバルドウィンがそんな感じでしたv-398
品種が違うと、お味の印象も全然違ってきますねw

6日は…私も朝から黙祷しました。
京都にはない習慣ですけどね。
私にとっても6日、9日は、今でもしっかり特別な日です。
今でも原爆の歌を学校で歌うのでしょうか…。

私も人間という生きものを愚かしい存在だと思っているので、戦争がこの世の中から無くなるとは思っていません。
遠くない将来…それで自滅の道を歩んでもおかしくないな…とまで思っています。
それ(人類の絶滅)が大きなうねりの中で必然的に起こるものだとしたら、受け入れるべきだと思っていますよ。
人類は決してあらゆる生物の頂点に立つ存在ではないですからね。
原爆投下も肯定もしませんが…安易に否定できるものでもないと思っています。
過去に起こったことは消しようがないですし、その過去があるからこその現在ですからね。
生かされている以上、前を向いて精一杯生きることが、自分にでもできる唯一のことと思ってますよ、ヒトとしてv-410
とはいえ…できれば戦争を知らずにいきたいものですね。
2009/08/08(Sat) 00:39 | URL | さちこ | 【編集
さちこさん
ただ今晩酌中です。
品種による味の違い・・こうして比べてみると、とてもおもしろいなぁと最近思います(笑)

原爆の歌・・・どうなのでしょうね?自分は広島の学校を知らないのでよくわかりませんねぇ。

原爆による決定的な敗戦があったからこそ、今の平和(一部を除く)があるとするなら、良くも悪くも大きな意味があったのだと思います。
もちろん戦争の被害者の犠牲やその遺族の心傷を軽視はしていませんが。
そうした過去のあやまちを活かすもころすも、これから次第なのでしょうね。
2009/08/08(Sat) 01:14 | URL | very blue | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。