上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は遅くに酔って帰ったので更新をお休みさせてもらいました。
すみません。。。

昨夜も寒かったですね~
朝起きると雪が降ってました。。。初雪です。

こんなにも寒い日くらいじっとしていれば良いのでしょうけど、飲みに出てました(苦笑)
例のママに食事をご馳走してもらったのですよ~
以前から約束していたのですよね・・・一応1ヶ月半遅れの誕生日プレゼントということです(笑)
そんなことはどうでも良いのですが、今日連れて行ってもらった店がとても良かったです。

フレンチのお店なのですけど、高架下の長屋の建物の中にある、失礼ですけど見た目は綺麗でないお店なのですよ。
焼き鳥屋かおでん屋のようで、一見とてもフレンチが食べられるような店には見えないのですけどね(苦笑)
中に入るとテーブル1つとあとはカウンターだけ・・・フレンチでカウンター?なんて思いましたがママの薦めでカウンターの席を予約してくれていました。

そしてカウンターの中にはオーナシェフが一人、その他のスタッフはいません。
ちょっとしたカルチャーショックを受けながら、ママが適当にコースになるように注文してくれた料理を順番に食べていきましたが、びっくりするほど美味しかったです。
ここは、いつか嫁を連れてきたいなぁって思いましたよ。
夜に嫁と・・・となるともちろん子供付きになるわけですが、それでもOKとのことで了承をもらいましたので、近々家族と行ってみようと思ってます。

この店のシェフ・・・聞けば元はとある有名なホテルの方でした。
知る人ぞ知る店なのですが、ほぼ完全予約制で、もし席が空いていても一見さんはお断りらしいです。
安いのかなぁなんて思ってましたが、値段は普通のフレンチくらいでした。

地元でもまだまだ知らない店がたくさんあるんだなぁ・・・なんて思い知らされました(苦笑)







さて、今日の記事は、久しぶりに?紅葉の話題から離れます(笑)
最近は紅葉のことばかり書いていますからね。


昨日、Reveilleさんからこんなプレゼントが届きました(笑)

2009+12+16_2714_convert_20091216161342.jpg

カボスとブルーベリーリーフティーとリンゴ、そして子供達を気遣って下さりキャラメルコーンです(笑)
大分といえばやはりカボスなのですね~
今年の夏に家族で大分に行った時に、お土産物でもやはりカボスに関わるものが多かったです。

2009+12+16_2715_convert_20091216161409.jpg

こちらはブルーベリーリーフティーです。
ブルーベリーの果実を使った「ブルーベリーティー」ではないですよ(笑)
ブルーベリーの葉をハーブティーのように加工して茶葉にしたものだと思うのですけど、一体どんな味がするのでしょうね~

reeftea1.jpg

実際に開封してみると、ブルーベリー以外にも、いろいろな植物の葉が入っています。
中には松の葉も入ってました。
そして、肝心のブルーベリーの葉ですが、全体的にとても小さな葉が多いです。
やはり、お茶にするために、出てきたばかりの新芽(新葉?)を摘み取っているのでしょうかね~

reeftea3.jpg

そして、先ほど早速、お茶にしてみました(笑)

reeftea4.jpg

味の方は・・・こんなものかな~っていう感じです。
というのも、ブルーベリーリーフ単体のお茶ではないので、他のハーブの味が結構強めに出ています。
ブルーベリーリーフ100%なら、また違った味になるのでしょうけどね~
そうすると、もしかしたら味が弱いのかな。

味についてもう少し詳しく書くと、普通のハーブティーが好きな方なら美味しくいただけると思います。
自然な香りもありますし、リラックスして飲むことが出来ますよ。
そして、何よりも健康に良さそうな感じです。
どちらかというと、よく自然食バイキングの店などで置かれている「健康茶」のようなものをイメージしてもらえると、味も似ています。


ちなみに、このブルーベリーリーフティー・・・飲まれたい方いらっしゃいますか?
我が家では消費しきれない程の量が入ってますので、試して見たい方がいらっしゃいましたら、小分けしてお送りしますよ。
そうして下さい、とReveilleさんもおっしゃっていましたので(笑)

もしいらっしゃいましたら、「メール」または「秘密コメント」にてご連絡下さいね~



=================================
【今日の一枚】

一昨日買ったレンズ・・・早速試してみました。
上の写真のうち最後の一枚も実はそのレンズで撮ってみたのですけどね~

こちらは庭にある南天の実です。
よく雪うさぎなどの目に使われる例の実です(笑)

2009+12+16_2729_convert_20091216161547.jpg

少し明るすぎた感もありますけど(苦笑)
腕前はさておき、なかなか使い易そうなレンズですよ。

コメント
苗木以外のモノが飛び交う時期なんですね^_^;
自分家では見かけないものを頂くと嬉しいですよね、
以前ブルーベリーティーの話題を出されたブログ有ったと思いますが・・だれだっけ・・。
それ単体で飲まれたそうですが、仰るように他の何かと混ぜて抽出しないと味が薄いらしいですよ。
ためしに・・自家製でやってみるか・・(*^_^*)
2009/12/17(Thu) 18:00 | URL | ぴん | 【編集
カボスはハナユズと同じか、ハナユズとスダチの間位の大きさですよね。独特の風味を持っていますので、薬味になりそうです。
このリーフは、蒸して炒った感じですか?
2009/12/17(Thu) 23:16 | URL | かいづ | 【編集
very blueさんへ
早速のお味見と評価、ありがとうございました。

>味の方は・・・こんなものかな~っていう感じです。
というのも、ブルーベリーリーフ単体のお茶ではないので、他のハーブの味が結構強めに出ています。

はい、私も同感です。
ちなみにお茶屋さんの話しだと、これは中国に自生しているブルーベリーの原生種の葉っぱらしいのですが・・・。
確かにお味はブレンドしているハーブの方が強いですよね。

>ブルーベリーリーフ100%なら、また違った味になるのでしょうけどね~

私の記事の表現がまずくて、新芽ならぬ紅葉で思わぬ実験をしていただいたのがコチラです。
ひょっとしてぴんさんがご覧になったのはこの記事だったのでしょうか・・。

http://homepage2.nifty.com/7k4pbj/cook_34.htm

あお父さんのことだから、きっと新芽でも実験して下さることでしょう。
2009/12/17(Thu) 23:22 | URL | Reveille | 【編集
ママさんとお食事ですか~?
いやーまたまた良いですねー
羨ましい限り!

リーフティーですが、紅茶とブレンドしたら良さそうですが
どうですかね?是非試してください(笑

南天の写真も良い感じで、お家も和風でしょうか?
たまに写る和室も良いですよね
2009/12/17(Thu) 23:43 | URL | sappi | 【編集
ぴんさん

最近は戴いてばかりで、何だか申し訳ないですよ(苦笑)
うちから送れるものといえば、苗くらいですが、送って喜ばれるような苗もあまりありませんし・・・(汗)

ブルーベリーの葉だけでは、味はあまりでないのでしょうね。
独特の香りのようなものはあまりなさそうですからね。
いろいろ試されたら、また記事にして下さいね!
2009/12/18(Fri) 00:08 | URL | very blue | 【編集
かいづさん

イメージとしては、これまで大きな柑橘を想像してましたが、そうでもないのですね。
とりあえず週末に絞って果汁を取り出してみようと思ってます。
嫁はゼリーを作るといってましたけどね(笑)

リーフティー・・・緑が残っているので蒸してはあると思うのですけど、形状としては炒ったというよりも自然乾燥のようにみえますよ。
色が多少抜けてしまっているのはそのあたりが原因かもしれません。
2009/12/18(Fri) 00:16 | URL | very blue | 【編集
Reveilleさん

早速、味の感想付きで記事にさせてもらいましたよ。
なかなか的を射た感想ですよね?(笑)

確かに自生種の葉は小さそうな印象がありますから、きっとその通りなのでしょうね。
初めはどれがブルーベリーの葉?なんて思ってましたが、よく見てみると、小さくてもしっかりブルーベリーの葉の形をいたものが入っていたので、なるほど~って思いました(笑)

「あお父さん」さんの記事はもちろん先日読ませてもらってましたよ(笑)
確かにブルーベリーだけだと味は出にくいのかもしれませんね。

2009/12/18(Fri) 00:24 | URL | very blue | 【編集
sappiさん

女性に食事をご馳走になるのも、何となく気を遣ってしまって変な感じですよ(苦笑)

リーフティー・・・紅茶とブレンドは確かに良いかもしれませんね~
でも、原型のブルーベリーが完全にどこかに行ってしまいそうです(苦笑)
柚子と蜂蜜で作ったジャムをお湯に溶かして飲む韓国の柚子ティーを真似して、このリーフティーにブルーベリージャムを溶かすのはどうかなぁなんて今思いついたのですけどね(笑)

家は中古で購入した家ですので、和風のような洋風のような変な感じの家ですよ。
当時、不安定な商売しているのに住宅ローンも組みたくなかったですし、でも広い家が良いし・・・ということで中古にしたのですけどね。
本当は外観やリビングも含めて純和風の家が良かったのですけどね~
たまに登場する和室も8+6畳と無駄に広くて実は殺風景です(苦笑)
2009/12/18(Fri) 00:51 | URL | very blue | 【編集
なんとか復活したさちこです♪

穴場でしかもフレンチの美味しいお店を知ってるだなんて、さすがママさんって感じですね~。
そしてご家族で行きたいって思ったvery blueさん、素敵ですv-398

そちらではもう初雪ですか…。
京都も冷え込んでますが、今のところ市内ではまだですね~。
でも今日は北風が吹き荒れていて、万願寺の枝葉が千切れそうに揺れていました。
そしてブルーベリーの葉も…完全に紅葉してるわけでもないのに、飛んでいってましたよ(苦笑)

最近来年のジャム作りに備えて、煮沸保存に適した保存瓶を探したりラベルの可愛いの探したり、そういう作業してました♪
この地味な時期は…私には苦手かもしれません(苦笑)
早く可愛らしいお花や青い実が見たいですv-398

南天の実も愛らしいですね。
確か縁起物…。
南天柄の大判風呂敷を先日義母にもらったんですが、使う機会がありません(苦笑)
2009/12/18(Fri) 01:03 | URL | さちこ | 【編集
さちこさん

元気になられたようで良かったです!
頭痛・・・二日酔いくらいしか頭痛は経験しませんけど、何も手につかなくなってしまいますよね~
あまり無理をしないようにして下さいね。

自分がフレンチが好きというのは知っていての店のチョイスだとおもうのですけど、美味しかったです。
フレンチは奥が深いですよ~
いつか自分が一番お気に入り(お奨め)の店を記事にしますね!

こちらでこれだけ寒いのですから、京都はきっともっと寒いのでしょうね。
紅葉もせずに葉が飛んでいったブルーベリーが気になりますけど、きっと大丈夫ですよ(笑)
この1年で木も大きくなったので来年はジャムが楽しみですね~
自分で育てて穫った実をジャムに・・・じみじみと味わえますよ(笑)

南天・・・縁起物なのですね。
風呂敷を使うなんてことは滅多に最近はないですけど、いつか和装するときには使えるかもしれませんよ。
2009/12/18(Fri) 01:40 | URL | very blue | 【編集
ぴんさんが読んだのは多分BBHさんかBBNさんの所だと思います。爺も読みました。
風呂敷は爺は重宝に使っています。何でも包めます。
爺の庭の南天・・・こんなに綺麗に実が成りません。
2009/12/18(Fri) 16:31 | URL | 座敷童 | 【編集
座敷童さん

リーフティーの記事はいろんな方が扱っていますからね(笑)
自分もその記事は読んだことありますよ。

風呂敷・・・布一枚ですけど、結び方などでいろんな使い方があるのですよね。
日本人の知恵ですね~

南天は綺麗な実がなるのはいいのですけど、どんどん背が高くなるのが困りものです(苦笑)
きっと気候がが安曇野よりもこちらの方が合っているのかもしれませんね。
2009/12/19(Sat) 00:40 | URL | very blue | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。