上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は家族でプールに出かけてきました。
公共のプール(ファミリープール)ですけど、市街地のど真ん中にあって場所も便利で、流れるプールなどもあって結構楽しめましたよ。

ですが、今日は少しだけ残念なことが。。。(苦笑)
普段は全く使いませんけど、海やプール、釣りなどに行くときに使っている時計(GーShock)があるのですよね。
高価な時計ではありませんが、気に入ってもう10年以上使ってます。

今年も先日、海に行くときに使おうとしたのですが、電池切れ・・・
後日、知り合いの時計も扱う貴金属店で電池交換してもらったのですよね。

そして、その時計を今日使うと・・・気がついたら中に水が入ってしまったようで表示が消えてしまいました。。。
専門店で電池交換していればこんなこともなかったのでしょうけど、持って行くのが面倒だったので手近なところで済ませたのですけどね。。。
だからといって、10年以上前のもともと2万くらいの時計を、それも知り合いの店に文句を言いに行くわけにもいかず。。。

あ~あ、なんて思いながら、帰りにG-Shockを扱う専門店に寄って見てもらいました。
もちろん修理しないと・・・って言われました。
修理金額も分解点検だけで最低6,000円で、部品交換などがあれば10,000円くらいにはなるかも・・・とのこと。
そして、同じような時計なら新品で10,000円くらいから買えますよ、とも(苦笑)
「このデザインが好きなんだ」とも言いたかったのですけど、店員も、横にいた嫁も「新しいの買ったら?」みたいな雰囲気で。。。
でも、お金を出してまで確かに直す意味はあまりないですよね~
・・・ということで、修理せずにそのまま持ち帰ってきました(苦笑)

せっかくなので、自分でいろいろみてみました。
中に水が入って、液晶も消えてしまっています。
おまけに、ガラスも中から曇ってしまっています(苦笑)

2010+08+13_2321_convert_20100813224524.jpg

早速、ビスなどを外して分解しました。
裏蓋、ムーブメント、パッキン、ケースに分れました。
どうも裏蓋のパッキンが上下逆になっていたみたいで。。。
そんなことで水が入るのかどうかわかりませんけど、きっとパッキンの向き、パッキンの経年劣化、ビスの締め方が悪かったなどの原因だったのでしょうね。

2010+08+13_2322_convert_20100813224607.jpg

ムーブメントも分解しました。
左から液晶、基盤、電池と金具です。
やはり中に水滴が入っていました。
綿棒で水気をとって、ドライヤーで乾かしたりしました。

2010+08+13_2326_convert_20100813224712.jpg

そして、元通りに組み直すと・・・何と!!治りました。
ちなみに恐らく水が進入して、時計が止まった時間から動き出しました(笑)

2010+08+13_2328_convert_20100813224730.jpg

再び、ムーブメントをケースに収めて、パッキン、裏蓋を閉めて完成!!
時間も合わせました。

2010+08+13_2333_convert_20100813224755.jpg

バックライトも問題なく点灯しましたよ
実際には文字(数字)が光ります。
多少珍しいタイプです(笑)

2010+08+13_2334_convert_20100813224813.jpg

良かったです(笑)
でも、水の中で使うのが怖いですね~
一度、専門店で防水テストしてもらおうかなぁ。。。





さて、今日の記事はオノです。
このオノははっぱさんにプレゼントしていただいたものですけど、もともとはかいづさんのところのオノの流れを汲んでいます(笑)

7号鉢でまだ小さいのですけど、少しだけ結実させてみました(笑)
実ができても、元気に生長を続けていますよ。

ono8.jpg

こんな実です。
同じNZ品種んのマルも似ているような感じですね。

ono9.jpg

大きさは、中粒でしたが、これもまだ苗が小さいので何ともいえませんね。。。

ono10.jpg

記事にしておきながら、申し訳なのですけど、まだ収穫が少し早かったですね~
酸味が強くて、甘みはほとんどありませんでした。。。

・・・ということで、後日、再評価ですね(笑)



コメント
私も叔父がカシオに勤めたので、初代G-Shockから数個持っていますよ。まだ中学生だったから、ホントに壊れないのか・・って投げつけたり、踏んだりしてみましたが、ホントに壊れなくてすげーって感動したものです。ただ今はウレタンのバンドが切れていました。まぁそんなおかげで今でも時計好きです。今は自動巻の収集です。
G-Shockは電池交換の度にパッキン交換しないといけませんよ。
2010/08/14(Sat) 05:00 | URL | 居残り | 【編集
シルバーグレーのG-Shock、珍しいですね~。
G-Shockって1個1個は手軽な値段でも同じモデルを再度買い直すってなかなか難しいですから、復活してよかったですね*^-^*
バックライト…文字が光るタイプは初めてみました^^
最近私も時計にはまっています♪
ネットで調べて眺めるだけですけどね~(笑)
近いうちにこれって時計、新しく買い求めたいなぁって思います^^
2010/08/14(Sat) 21:34 | URL | さちこ | 【編集
居残りさん

叔父さんがカシオにお勤めだったのですね~
G-Shockは自分もレジャー用?に2つ持っていますが、頑丈ですよね~
もし次にG-Shockを買う時があれば、次は電池交換の要らない(≒防水能力が落ちない)ソーラー充電タイプで、電波時計のものにしたいと思ってます(笑)
でも、そんな半永久的に使えそうな時計が1~2万で買えてしまうのですから凄いですよね~
ちなみに、自分も時計好きですよ(笑)
2010/08/15(Sun) 23:03 | URL | very blue | 【編集
さちこさん

なかなか珍しいデザインですよね~
定番の黒でないところが意外と使いやすいです(笑)
G-Shock・・・レジャー用にはもってこいですよね。

時計・・・特に自動巻(手巻き)のものが好きで、秒針を眺めているだけでも飽きないです(苦笑)
お気に入りの一本、見つかるといいですね~
2010/08/15(Sun) 23:10 | URL | very blue | 【編集
Gショック・・・懐かしいです。買ったことは無いけど作りました・・・数十万個を・・・
バラスと防水はきついかもですね。
2010/08/19(Thu) 12:27 | URL | 座敷童 | 【編集
座敷童さん

Gショック、作っていらっしゃったのですね~(笑)
何だか凄いです。
もしかしたらこの写真のGショックも座敷童さんが関わった時計かも知れませんね~
Gショックを扱う専門店なら電池交換しても防水は大丈夫でしたよ。
2010/08/19(Thu) 18:15 | URL | very blue | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。