FC2ブログ
写真の木がうちで一番の古株であり、ブルーベリーの楽しさを初めて教えてくれたティフブルーです。数百円の小苗をわけもわからず買ってきたのが自分のブルーベリー栽培のきっかけですが、まさにその第1号株です。
今でも一番愛着があります。

にもかかわらず、本当にわけも解らなかったので樹形のことなど気にせず好き勝手に成長させていたので変な形ですし、挿し木用の穂を採るために枝を切られたりと、実験台のような扱いをこれまでされてきた株でもあります。シュートが出れば、挿し穂に取られ・・・
幹もクネクネのまま固まってしまってます。無理にヒモで上に向けてますが。

2008+11+19_2046_convert_20081120005504.jpg

その甲斐あって今では、このティフブルーの子供もたくさんいるのですけどね。接ぎ木用に(笑)
春前に刈り込まないとだめですね。また剪定と称した挿し穂取りです。

コメント
我が家でも100円で買った苗がいっぱいありますよ。始めた頃に見切り品をまとめて買いましたから(笑。
今じゃ5年生でコンテナでデカイ顔をしています。一部は来春多品種接ぎをやっちゃいます。
そういえば我が家のブルーベリー第一号もティフブルーでした!
2008/11/20(Thu) 19:29 | URL | Berry | 【編集
Berryさん

第1号はやっぱりティフブルーやホームベルあたりが一般的なんでしょうね。
多品種接ぎは結構大きくなった台木が必要だと思うのですが、自分の場合、大きくなるまでに台木に愛着が湧いて台木にできない・・・みたいなことにもなりそうです(笑)
でも、いつか挑戦してみたいです。
2008/11/20(Thu) 23:01 | URL | very blue | 【編集
私も1号苗はティフです。今では10号鉢で大苗になりました。
こちらのティフも剪定のし甲斐がありますね(^^)穂木が沢山出そうです(笑)
2008/11/20(Thu) 23:27 | URL | かいづ | 【編集
かいづさん

仲間ですねぇ(笑)
入手しやすくて、丈夫で、味はラビットアイでもトップクラスでしょうからティフブルーから始めた人はハマる方が多いのではないでしょうか。
剪定・・・実はその時期が凄く待ち遠しいですよ。剪定、即挿し木の予定ですので2月末くらいを予定しています。
2008/11/20(Thu) 23:55 | URL | very blue | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック